[スポンサードリンク]


NTT電報の差出人名とは

NTT電報の差出人名について説明します。
差出人名とは「電報の送り主」のことです。
また、差出人名は「メッセージ料金」を計算する文字数の対象となります。

基本的に差出人名は、受取人が届いた電報を見たときに「誰からいただいた電報かわかる」ように書くことを心がけて申込みするとよいでしょう。
(誰から来た電報かわかるように差出人名を書かないと、受取人がお礼を言いたくてもいえない状況になってしまいます)

《差出人は名前・あだ名・ペンネーム可能》

受取人が名前のみでわかる場合は『名前』のみで、あだ名やペンネーム等だけでわかる場合は『あだ名やペンネーム』で申込みすることも可能です。
(お子様にクリスマスにかわいいぬいぐるみ電報を贈って差出人を「サンタクロース」として申込みすることも可能です。)

《差出人名には会社名と肩書き・住所や電話番号も入れるとよい》

もしも、名前だけではわからないかもしれない・・・という場合は、名前の前に会社名や肩書き・住所や電話番号等、受け取った方が「誰からきた電報かわかるようにして」申込みすることをおすすめします。

《差出人名を入れないで申込み可能》

また、NTT電報は「差出人名を入れないで」申込みすることも可能です。
ただし、この場合は注意が必要です。
「受取人が誰からきた電報かわからない」ことを理由に「受け取り拒否」されてしまう可能性があるからです。
(参照資料:電報サービス契約約款 第4章通常配達 第13条配達不能(5)「受取人が通常配達電報の受取りを拒んだ時」に該当)
せっかく贈った電報が「受取り拒否」になったのでは、贈った意味がなくなってしまいますよね。

また、差出人不明の電報を受け取った受取人が誰からきた電報かを調べることができるサービス(「発信人名等問い合わせ」の詳細記事はこちら)もありますが、こちらは1000円(税抜き)の有料サービスです。電報を贈ったのに、差出人名をきちんと書かなかったため、受取人に1000円払わせるというのもなんだかおかしな話になりますよね。
せっかく贈る電報・・・差出人名は受取人が困らないように申込みしたいものですね。

★人気ブログランキング★←こちらをポチっとしてしてくださると嬉しいです♪

《まとめ NTT電報の差出人名とは》

  • 名前・あだ名・ペンネームも可能
  • 住所や電話番号・会社名や役職等を名前の前に入れることも可能。
  • 差出人名を入れずに申込みすることも可能
  • 受取人が「誰から来た電報かわかるように」申込みすることが大切

NTT電報の申込み方法

[スポンサードリンク]
posted by 葵 at 00:00 | NTT電報の申し込み方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【NTT電報以外にも可愛い電報がいっぱい♪】

電報サービス VERY CARD VeryCardネット電報 電報サービス VERY CARD VeryCardネット電報 icon icon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。