[スポンサードリンク]


お悔やみ電報のマナー 忌み言葉とは

NTT電報でも、その他の会社の電報を申込みするときでも、お悔やみ電報のメッセージにふさわしくない『忌み言葉』というものがあります。

お悔やみ電報でこの「忌み言葉」を使うのは常識(マナー)として「タブー」となってますので、気をつけましょう。

NTT電報の文例(例文)を使用せず、ご自分でメッセージを作って申込みするときには、この『忌み言葉』が入っていないか、注意してくださいね。

《お悔やみ電報の忌み言葉》

1.重なる言葉

例) 度々(たびたび) 再三 重ね重ね 返す返す ますます

2.不幸が続くような言葉

例) 追って 重ねて 続いて

3.「死」などの直接的な言葉

例)死 死去・死亡 死んだ

  

・これらの言葉は、

     

死・死去・死亡⇒「ご逝去」

  

死んだ⇒「お亡くなりになった」

  

という言葉に置き換えて使用するとよいでしょう。

* ★人気ブログランキング★←こちらをクリックして応援してくださると嬉しいです(^O^)♪

《お悔やみ電報の忌み言葉》

  1. 重なる言葉
  2. 不幸が続くような言葉
  3. 「死」などの直接的な言葉

NTT電報の申込み方法についてはこちらをご覧ください。

弔電のマナー&常識

[スポンサードリンク]
posted by 葵 at 22:47 | 弔電のマナー&常識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【NTT電報以外にも可愛い電報がいっぱい♪】

電報サービス VERY CARD VeryCardネット電報 電報サービス VERY CARD VeryCardネット電報 icon icon
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。